イジメの時間 ネタバレ無料 いじめの先にあるものは・・・

はじめに・・・

 

紹介元のサイトですが・・・

 

特に漫画約21万冊を揃えており、人気の漫画はもちろん、ここでしか手に入らない名作漫画多数取り扱っています。

 

さらに約9000作品無料で読める読み放題コーナーも充実!

 

 

また、漫画を「背表紙表示」で管理できるのが特徴となってます

 

ど~も管理人です

 

今回紹介するのは最近なにかと話題なイジメを題材にした作品で・・・

イジメの時間 

―もう二度と生まれてきませんように― 学校の屋上から身を投げ出そうとするのは、半年前まではごく普通の中学生生活を送っていた少年、歩。彼をここまで追い込んだものとは?

気になったら読んでみてください

あらすじ・・・

 

始まりは学校の屋上だった・・・

 

 

やっと解放される・・・ここから飛べば・・・

 

 

もうなにも、苦しむ事はないんだ・・・

 

 

出来る事なら、もう二度と・・・生まれてきませんように・・・

 

 

11月4日・・・国楼会館にて僕の葬儀は行われた・・・

 

 

見たくもない顔が白々しく僕の亡骸を取り囲む・・・

 

 

しかし僕が何を思おうとも、もう誰にも伝える事はできない・・・

 

 

そう真実は僕の命とともに闇に消え永遠に明るみに出る事はない・・・

 

 

しかし、その忌まわしき事実は、確実に存在したんだ・・・

 

 

半年前・・・

 

 

僕は普通の学生だった・・・

 

 

ある日の休憩時間・・・みんなでバスケすんだけどと声をかけられ走っていた時に、1人の女生徒にぶつかる・・・

 

 

可愛らしい彼女に思いを寄せる・・・その頃の僕はなんの変哲もない中学生だった・・・

 

 

そのころまでは・・・

 

 

ふと目にしたのは・・・いじめる側といじめられる側の光景だった・・・

 

 

イジメられる側が話しだす・・・ごめん、やっぱサイダーオレどこにも置いてないよ!

 

 

イジメてる側が相手の神を掴みながら呟く・・・

 

 

俺は見つけるまで戻ってくんなって言ったはずだが・・・

 

 

そんな光景を目にしながら、自分でなくて良かったと、ふと思う・・・

 

 

そして物語は席替えにより急展開する事になる・・・

 

 

そこはイジメる側の相手の前だった・・・

 

 

イジメる側の生徒が、ふと辺りを見渡している・・・

 

 

筆箱がなかったらしい・・・

 

 

少し彼がムカついていると・・・僕の机の中に彼の筆箱があったのだった・・・

 

 

たったこれだけの事で・・・

 

 

僕の死へのカウントダウンは始まりを告げたのだった!

続きが気になったら・・・

 

気になる続きは、こちらから・・・

イジメの時間  の漫画の表紙

 

コメント